Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)の正規品を安く買う方法

Louis Vitton(ルイ・ヴィトン)を安く買おうとすると偽物をつかんでしまう可能性もあるので気をつけなければなりませんがここでは正規品を安く買う方法をいくつか紹介します。

Buymaで購入

ブランドや海外ファッションを中心としたECサイトであるBuymaを利用する方法です。

ただしこの方法では確実に正規品を買えるとは言えないのとVAT(ヨーロッパの消費税)が含まれた価格であり出品者側も購入者側も手数料がかかっている訳なのでもっと安く買う方法があります。

なおVATやBuymaの手数料を含んでも日本で買うより安く買えるようなブランドもありますがLouis Vuittonに関してはヨーロッパで買うと多少安いもののVATを引けないのであれば日本で買うのとあまり変わりません。

海外セレクトショップで購入

海外のセレクトショップで商品を買う場合はVAT(消費税)を引いてもらえることがあるので日本で商品を買うより安く買えるブランドが多いです。

またFARFETCHやSSENSEのような大手セレクトショップであれば偽物であることはまずありませんがVATが引かれていないので割高です。

また残念ながらLouis Vittonのような一流ブランドはセレクトショップでも安くならないのと人気がある商品はそもそもセレクトショップにはほとんど在庫が回ってこないので売り切れになっています。

海外の正規店で買いVAT還付を行う

この方法が最も確実かつ安くLouis Vittonを買う方法になります。

まず正規店(オンラインショップ)で商品を買うため確実に正規品となります。

正規店で買う段階でVATを引いてもらうことは不可能ですが日本へ輸出を行うことになるのでVAT還付の手続きを行えばその分10%以上安く仕入れることが可能です。

ただしVAT還付を行えるのは現地でVAT登録をしている企業のみになります。またVAT還付に長けた税理士を雇う必要があります。1ショット(1回切り)での依頼は通常存在せず顧問契約が必要であるため年間の維持コストは数十万円になります。

そのため結局通常は個人レベルの買い物であれば普通に国内で買った方が安い買い物になりますがEuro-Arkでは買い付け代行でVATの一部を還付させていただいているため正規店で商品を買う上で安く商品を仕入れることが可能です。

また物流にはFedexなどのクーリエ便を使っているため日本への輸送も通常のショップのように2週間程度かかるのではなく3~5日程度で輸送可能ですのでBuymaの仕入れに利用していただいている方も多いです。

普段の買い物でもLouis VuittonやHermesなどのセレクトショップでも安くならない一流ブランドを安く正規店から仕入れることが可能になります。

関連記事

TOP